HOME >  理事長ご挨拶

理事長 ご挨拶

  医療法人野﨑クリニッのホームページを御閲覧くださりありがとうございます。

 当医療法人の母体である野﨑医院(阿佐谷北:内科)は開設50年、阿佐谷南の野﨑クリニック(精神科、心療内科)は開設25年、野﨑クリニック訪問看護ステーションは開設20年となります。その後、クリニックと同じビル内に、ヘルパーステーション、リリーフ相談支援事業所(訪問看護ステーション併設)も併設いたしました。
 特に精神科病院の無い杉並区での精神障害者の医療、地域在宅支援も展開して参りました。
 当医療法人のポリシーに付きましては、開設当初から伝統を引き継ぎ、「一人でも病気の患者様を助ける事が出来れば」、との謙虚な姿勢で診療を行っております。
 精神科の病状は、人生事も相まって、一般の医療のように、「治す」、「助ける」的なスタンスでは対応出来ない(時には対応してはいけない)難しさがあります。
 そのため診療所部門では、臨床心理士(カウンセリング、心理検査)とチームワークを組み、二者一体で、患者様が精神的な病状により、社会適応力を落とされている状況の(自己改善・回復)をアシストする医療を心掛けております。
 在宅部門では、医療(診療所)、訪問看護ステーション(看護師、理学療法士、ケアマネジャー、障害者相談支援員)、訪問介護事業所の三者一体で、「社会復帰を目指す回復力をアシストする」、「在宅での療養生活がより良いものになるようにアシストする」、「在宅療養が困難になり、再入院することがないようにアシストする」をポリシーとして事業を行って来ております。
 通院されている患者様も、在宅で療養されている患者様も、自己回復力を阻害させず、引き出す事を、最善の治療目標として展開しております。

 今回、節目の年にホームページをリニューアルし、当法人の特色をわかり易く情報提供し、更に向後も地域貢献に邁進したく、より良い医療、在宅支援医療介護事業を発展させて行く所存です。

最後に、当法人のスタッフに掲げている標語を公開させて頂きます。
(下位の標語は、上位の標語が出来て、初めて成り立ちます。)
  1)健康
  2)常識
  3)人助けの技術
  4)思いやり、やさしさ
  5)チームワーク
  6)おしゃれ
  7)経済 
  8)幸福

 向後も、皆様が健康で有りますよう切々に願っております。

医療法人社団野﨑クリニック
野﨑 純

野崎クリニック ロゴ 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Copyright © Medical Corporation Association NOZAKI CLINIC All Rights Reserved.

ページ上部へ